毒草一覧次の花
ウマノスズクサ


野原や川のふちに自生する、つる性多年草です。夏に紫緑色の独特な花を咲かせ秋に結実します。花が馬の首にかける鈴に似ることからこの名が付きました。結実した姿はめったに見られないため、観察されると大騒ぎになります。これは斑入で、山野草店で売られていました。ちょっとお高いです。ジャコウアゲハの食草として知られています。


毒草名  ウマノスズクサ
学 名  Aristolochia debilis SIEB. et ZUCC.
特 性  ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ科、花弁のないつる性多年草
花 期  6〜8月
仲 間  アリマウマノスズクサ、オオバウマノスズクサ
毒部位  全草、根、果実
成 分  アリストロチン、アリストロキア酸(Aristolochic acid)、マグノフリン
症 状  血便、呼吸麻痺、心臓麻痺


 



 

 



 

木質化しちゃっています。

 



-------- 斑入りウマノスズクサ --------





-------- オオバウマノスズクサ --------
(Aristolochia kaempferi WILLD.)

 





≪MEMO≫
・青木香(セイモッコウ):根の漢方名。鎮痛、消炎、解毒作用を持ち、子どもの夜泣などにも処方される。。
・選択蓄積:動物が食べ物の特定成分を体内にため込むこと。ジャコウアゲハの毒もこれによる。
・Aristolochia:ギリシャ語の「aristos(最良)」+「locheis(出産)」の意で、安産の効能があると伝えられている。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS